古いビルの外装工事

いつもお世話になっている不動産屋さんから5月に紹介をいただき古いビルの老朽化にともなう外装工事をしました。玉造近辺をご存知の方は写真を見たら以前の店舗が何であったかはすぐにわかりますよね。
近頃では古いビルは建て直すか、残すのであれば上から吹き付け塗装かパネル的なものでパンパンと貼って終わるケースがほとんどです。この建物の持ち主さんは「古いビルの良さを生かす。」事に興味をお持ちでタイル貼りの外装が実現しました。タイルも色々あってエージングで朽ちて汚れた感のものや70年代頃のツルンツルンのタイルなどなど。朽ちて汚れた感のあるタイルはやはり汚く見えるだけでアウトでした(^^)。選んだのは1枚1枚が微妙に色艶に違いがあって、それらが集まって深みを感じる黒っぽいタイルです。窓のサッシはあえて昭和30年代のままで残しました。錆び止めのために同じ色の古めかしい色の塗装で仕上げました。これを新しいサッシに変えてしまうとイメージ台無しです。動きが少々悪くてもそれを望む入居者さんがきっと居るはずです。
入口横のインターホンや表札もオリジナルで制作しました。
古い建物なので工事を始めてから細かいアクシデントもありましたが無事に終えました。
1階、3階はまだ空きだそうです。1階は雑貨屋さんなんかぴったりだと思うんですがいかがですか?3階は工房やデザイン事務所がおすすめです。
お問い合わせは時津商事株式会社06-6761-2406です。
<工事前>
<工事後>
<インターホン、表札>

at 22:37, fullcircle, アルケミィの仕事

comments(0), trackbacks(0), - -

フルサークルのスイーツ<カスタード・プリン>

フルサークルのスイーツのコンセプトは<見た目も味もシンプルで飾りすぎない>です。
種類は少ないのですがそれぞれ個性があり自分たちの気持ちが凝縮しています。
今回紹介するカスタード・プリンはドカンとケーキ型で焼き上げたプリンです。使う素材や
工程がほんとシンプルなので、ちょっとした事が仕上がりに大きく差が出てしまいます。
うまく焼けてもオーブンから運び出す時の少しの振動で亀裂が出来てダメになった事もしばしば…。
焼き上がったプリンをクールダウンさせる時にそれを見かけたお客さまが「ケーキ型そのままの大きさで食べてみたい!」と言っていただけたりしました。以前、焼き上げてから亀裂が入って失敗してしまったときケーキ型そのままで食べてみました。…ダメです。いや、美味しかったんですよ。人間それほど食べれる様には出来ていませんでした。
やっぱり1ピースと添えた生クリームでいただくのが一番でした。
どのメニューでもそうですが「美味しいね」と褒めていただくと嬉しくて顔がほころびます。
焼きたてでケーキ型に入った状態です。

十分に冷やしてケーキ型から出した瞬間。この後ピース切りします。
…キャラメルソースにお店の天井が映ってしまっています^^
生クリームを添えて完成です。

at 22:36, fullcircle, full circle menu

comments(2), trackbacks(0), - -

心地いい音楽

フルサークルの店内で流れている音楽は1950年から60年代が中心に70年代あたりまでのジャズが中心です。この年代の楽器や演奏はシンプルで聞きやすいですね。
内容は出来るだけ小編成の演奏や優しいヴォーカルものを流しています。
お客さまから「今流れているのは誰の何の曲?」とよく尋ねられ、メモをして帰られる事があります。外国人の年配のお客さまからは「えらい古い曲を流してるね。懐かしくていいセレクトだ。」と褒められた事もあります。どれも料理を喜んでいただいた事と同じくらい嬉しい事です。
そして店内で流れている曲と同じテイストのCDを選んでリーズナブルな価格で販売しています。

at 10:08, fullcircle, 販売しています

comments(0), trackbacks(0), - -

賃貸住宅の改装

フルサークルのもうひとつの仕事、アルケミィの活動を紹介します。
アルケミィは空間ディスプレイ、ショップコーディネイトのほかロゴのデザイン、フライヤー、チラシのグラフィックデザインなど平面から立体まで物件に応じたデザインを創りあげる仕事をしています。 

今年の2月に改装をさせていただきました。
20帖ほどの大きな一部屋で入居される方は住居兼仕事場で2つに間仕切りたいとの希望でした。
それはある時は1部屋に、ある時は2部屋に、そしてさらに間仕切られた仕切りがフレキシブルで部屋が大きくなったり小さくなったり。すごくいいアイデアを持たれていたので楽しんで期待に沿うべく取り組みました。

賃貸物件なので壁、天井が普通のビニールクロスで床は合板のフローリングというのはそのままにしておかないといけなかったのですが、あっちもこっちも中途半端に手をかけるより1つの課題をクリアにさせてその部分だけに個性を出せたら廻りがビニールクロスでも気になりませんでした。今回の1つの課題は間仕切りの方法で個性は壁の存在感と使用した材木の質感、塗装の仕上げでした。

仕事場とはギター教室で少し落とし気味の照明に壁や天井の間接照明もいい感じに雰囲気が出ました。鉢植もかわいく住む人の思い入れと愛着を感じる空間になりました。

そのギター教室<uncherry bossa nova guitar school>です。

at 00:14, fullcircle, アルケミィの仕事

comments(2), trackbacks(0), - -

FULL CIRCLEのメニュー舞台裏<手造りハンバーグ>

数多くあるメニューの中で色々食べ歩き味を吸収し、試作を何度も繰り返したりと時間のかかった食べ物のひとつは「手造りハンバーグ」です。
ハンバーグは大好きで、お店をするなんて考えもしていなかった遥か遠い昔から食べ歩いたり自宅で造ったりの繰り返しでした。
そんな中で感じた事は…

1.美味しいと思ったお店は不思議とハンバーグ専門店の様にガンガンに表に出てるのではなく洋食屋さんのメニューの中に埋もれている。
2.ジューシーさもさることながら食感が大事。

でした。
さっそくお店をするに当たってこの2つの項目を守るべく…まずは食感を出すために◯◯をこうして◯◯を入れて食感をだそう!いやらしい書き方になってすみません。この◯◯を埋めるためにぜひ食べてみてください。m(_ _)m
そしてたくさんメニューを考えてその一番上に出すなどと考えず埋もれさそう!…なんか履き違えてますね。
で完成しました。
ぜひ食べに来てください!

at 23:50, fullcircle, full circle menu

comments(2), trackbacks(0), - -

FULL CIRCLEについて

こんにちは、今年で9年目を向えるcafe FULL CIRCLE です。
なのにブログどころかホームページも今までなく8年以上経ってしまいました。
今までFULL CIRCLEを知っていただいている方、はじめて知っていただいた方に
いろんなFULL CIRCLEを知っていただけたらと思っています。
どんなお店かは、ぜひホームページを見てください。
そしてホームページにもメニューでdesignmakers alchemyを見る事ができる
メニューがあります。FULL CIRCLEよりも長年続けているデザインの仕事です。
店舗のコーディネイト、改装、グラフィックデザインの他、博物館などの模型製作に
至るまで幅広く活動しています。FULL CIRCLEの近隣の住宅や店舗の改装も手がけています。それらの仕事もこのブログで少しずつ紹介していきます。

at 16:55, fullcircle, FULL CIRCLEについて

comments(4), trackbacks(0), - -